両 利き の 経営。 『両利きの経営』二兎を追いながら、双方を高いレベルで実現していく

デジタルトランスフォーメーションの対象領域

利き の 経営 両

🙄 経営者やリーダー層はもちろん、あらゆるビジネスパーソンが本書を読み、破壊的イノベーションの果実を、自社の成長に結びつけることを願う。 先に説明したことの繰り返しになるところもあるのですが、まあいいでしょう。 クリステンセン氏自身が「『イノベーションのジレンマ』を越える最重要理論」と激賞した「両利きの経営」。

6

両利きの経営とは|新規事業を生み出す、変化に対応する組織の作り方

利き の 経営 両

🤗 新規事業に出ていく場合も、これまでの事業を少し拡張していくという、いわば『染みだし』でした。 「100年時代の人生戦略」を提唱し、35万部のロングセラーとなった『』で描かれた展開が現実に始まったのだ。

社長が2年半出社しない会社が急成長する理由

利き の 経営 両

🎇 イノベーションを起こす「両利きの経営」 1つ目は「両利きの経営」というコンセプトです。 「深化」と「探索」の2つの概念は、DXを推進する際の力点の置き方を方向づけるに当たっても重要な観点となります。

3

デジタルトランスフォーメーションの対象領域

利き の 経営 両

😎 「両利き」の実践例として、オライリーとタッシュマンは著書の中で多くの事例を挙げています。 つまり企業内部だけでなく外の組織と交流を持つことで、イノベーティブな面を促進するということです。

14

第106回 「両利きの経営」に求められる組織能力

利き の 経営 両

👎 振り返ってみると、大震災、大豪雨、パンデミック、テロ事件(例えばかつてのオウム真理教事件)、古くはグリコ森永事件のような企業恐喝事件、金融ショック(リーマンショック、かつての日本の不良債権問題、銀行倒産)など、私が年を重ねたせいなのか、いわゆるリスク事象は比較的頻繁に起こっています。

1

両利きの経営でイノベーションを起こす!意味や事例をわかりやすく解説

利き の 経営 両

💙 通常MBAのケース・スタディは、企業が直面したなんらかの経営課題に関して、経営者がどのような意思決定や行動をして乗り越えることに成功したか、あるいは失敗したかが描かれる。 容易なことではないですね。 それを指し示すのが「両利きの経営」。

20